産後の骨盤の歪みの原因と対策

骨盤矯正

出産後も体重が増え続けていて戻らない、お腹まわりやお尻に脂肪がついてしまった、肩こりや腰痛がひどくなったという人は出産の影響で骨盤が歪んでしまっていることが考えられます。

骨盤が歪んでしまっていたり、開いたままの状態になっていると基礎代謝が低下し、太りやすい体質になってしまいます。臓器が下がるので下腹部がぽっこり出てしまったり、お尻が大きく見え、体のラインが崩れます。

骨盤の歪みや開きは骨盤矯正で直すことができます。骨盤矯正は産後6カ月以内におこなうとよいといわれています。整体やカイロなどに通って直すことができます。そのほか自分でも毎日、骨盤の体操をすると効果的です。いつまでも綺麗なママでいるためにも出産後は骨盤矯正をおこないましょう。

産後 骨盤の歪み関連エントリー

最新記事