二の腕ダイエット・エクササイズの効果

ダンベルを使った二の腕ダイエット

@片手に、ダンベル(又はペットボトル)1個を持ちます。まっすぐ上に持ち上げ、手から肘までを頭の後ろに下ろします。 このときに、「上腕三頭筋」を使っているかもう片方の手で確認しましょう。す 左右10回から15回繰り返しましょう。

Aダンベルを2個使います。イスに深く座ります。ダンベルを両手に1個ずつ持ち、まっすぐ頭の上に上げます。5秒たったら、ゆっくりと腕を前に倒します。これを10回から15回繰り返しましょう。 慣れてきたら回数を増やしていくとよいでしょう。

机を使った二の腕エクササイズ

脂肪がつきやすい二の腕の裏側に効果のあるエクササイズです。二の腕のたるみに悩んでいたり、引き締めたいと思う方は、ぜひ試してみてください。利用するのはどこにでもある机です。

@机に背中を向けて、両方の手のひらを机の端につきます。それから膝を曲げて体を少しずつ落としながら、二の腕の筋肉をストレッチしていって下さい。 ※ストレッチは筋肉に刺激を与えますので、二の腕の裏側が伸ばされていく感じを意識できればOKです。 ご自身の筋肉の動きを意識することのできる人ほど、エクササイズの効果は早くあらわれてくるものです。

A二の腕の裏の筋肉が十分ストレッチできたら、今度は逆に、二の腕の裏の筋肉を使い、体を持ち上げていって下さい。

足は体を支える程度のつもりで、二の腕の裏の筋肉を使って体を持ち上げる様な感じです。筋肉を使って体が持ち上がってくる様な感じです。動かしていく時はやはり筋肉が動いているのを感じとってください。敏感に感じとれれば効果は大きくなります。

 

このエクササイズは二の腕の筋肉を強く刺激することができ、効果も早く得られます。毎日10回程度、ゆっくりでいいので筋肉の動きを意識しながら行ってください。

ストレッチと筋トレで二の腕ダイエット

上腕三頭筋は肘を伸ばした時に使われる筋肉です。二の腕ダイエットは肘を伸ばす事を意識したストレッチや筋肉トレーニングがとても効果的です。

@ ストレッチ

腕を上げ、二の腕を耳のあたりにくっつけ肘を曲げて逆側の肩に手を届かせます。その状態から逆側の手で肘をつかみ、後方に引っ張ります。これを30秒くらい保ち逆側も同様に行います。

A 筋肉トレーニング

1番ポピュラーなのが、腕立て伏せです。でも腕立て伏せをいきなりやるのはきついと思いますので、膝をついた状態で腕立て伏せするのをお勧めします。これを30回行いましょう。

また骨盤くらいの高さのある台の前に立ち、両手を後ろに回し指先を下にして台にかけます。体を後ろにそらし、体重を両腕で支えます。その状態から肘をゆっくり曲げたり伸ばしたりしましょう。これは20回行います。